とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 珊瑚の朝 | main | トンガリハゼの 砂ほりほり >>
珊瑚の朝 2
余韻が胸に残っているので昨日のつづき。



シュノーケリング中、俄かに辺りが珊瑚の卵だらけになった時、普通に考えて『昨夜生まれた いわゆるスリック』と思ったのですよ。だって午前9時過ぎくらい(多分)でしたし。



しかし、ほんとに粒が新しいゲ。




以前みたスリックというものは赤潮っぽいというか…。
こんな状態。この写真は勿論海面で海中の画ではないけども。

この不思議な海の姿は、実際に体験しないと信じがたいだろうなあ。
それに、素潜りで卵の出どころをいちおう探したけど解らなかった。
産卵ってったって、いつまでもぽろぽろ出る種もあるだろうし、私が観た数種の珊瑚の場合は、差がありながらも基本的には短い時間に卵が出たら終わりってもんだった。この時も 探し始めた時には既に産卵そのものは終わっていた可能性も十分ある。

ただ、産んだ珊瑚を突き止めていなければスリックは否定できない。
そうなのかもしれない。そうなのかもしれないし解らない。
解らないけど感覚的には今しがた出た珊瑚の産卵状態。が、何と言っても午前中…。



体験を共有したのは一緒にシュノーケリングしていたガイドさんのみ。 貴重な体験を、その他の人にはなかなか信じてもらえないのではとも思うけど でも

でも 感激。
| 珊瑚 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック