とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 胸が キューッ | main | 珊瑚の産卵 三種確認 >>
でたな 白い満月
夕方、空を仰ぐと白い満月が空にお座りになっておられた。



ダイビングに「覚悟」がいるのかどうか解りませんが、白い月は目玉にも見える。
わあわあ 出たな六月の月!

それはそうと沖縄で買った「沖縄の海藻と海草」の本のお陰でなんとなくサンゴから褐虫藻が消えるとダメになっちゃう…の意味がわかってきた(ような気がする)。

サンゴは共生している褐虫藻が「抜け出る」と死んじゃうなんてハナシを目にするばかりで、それはどうしてか意味がちーっとも解らなかった。で、そうか 海もまず植物の類がお陽さまを吸い込んで光合成するところから始まるのか。何故栄養不足になるのか素人ながらイメージできたことは有難い。

そうして空は満月。



ダイビングの楽しみは、今や青さや魚の群れに感動するだけでなく大変多様…です。それでもやはり海の一つの節目としてサンゴの産卵はあるような気がします。南の海を知らなかったわたくし田舎のダイバーも、こうして何年も潜っているうちにそう実感するようになりました。また、沖縄など南の海を見ると、山口の海と大きく違うのは海の青さや生き物の種類だけでなく、その海岸の岩肌や海底の礫もありますね。

石灰質が全部生きものそのものだということに、あまりにもの命がどっとみえ、ぞーーっとする感動を覚えます。
「生物地形」を作り出すほどの生きものの生命。その始まりをやっぱり見てみたい。

と、ここまで書いておいてまーだ言うが、私は夜の海は素直にコワイです。

<写真はストックから。今日の月はもっとぱんぱんの満月>
| 珊瑚 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック