とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
久しぶりの ヒレコレクション


ヒレ コレクションをなかなか増やせていない。



なんかこう、いいヒレは撮れんのかな。
稀なヒレではないのがいい。


普通種のいいヒレがあって、自分でちゃんと射止められたヒレ集め。


沖縄でも正直不調。


山口に戻ってもいまいち。


そんな中でここ最近 お♪と思ったのはこれ
なんて地味なあおい宝石。持ち主はオオカズナギ。
口や顎ばっかり立派で、背鰭はこんなにショボ〜〜い。

カラダの仕組みとして役に立っているのかこのヒレはっ。


で、更に更に地味なヒレ。持ち主はシュンカンハゼ。



青海島のこんなとこにシュンカンハゼがいたんだ。
初めて知りました。もっと寄って仕留めたかった。
でも、シュンカンハゼのヒレをコレクションに追加できたことは嬉しいかな。

| ヒレ コレクション | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
実際 寒波襲来中
 紅梅が咲きはじめましたね。
 一年で一番寒いこの時期、雪を花弁に乗せて咲く紅花ですわ。

 虫も飛ばないような2月によ。



 ちゅーても、来月は雛祭り



 蝶も飛び始める。
 わたくし、蝶といえばモンシロチョウが好きでして



 ある日のこと、海の中でもモンシロさんを見掛けました。



 よくわかんないけど、ヨメヒメジかな?
 こうしてこの日、海のモンシロチョウの翅一枚 ヒレコレクションに追加っす。そんなことをふと思い出す。ああ、春よ来い。(鉛筆ラクガキは相当前のもの使用…)
| ヒレ コレクション | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヒレ コレクション
ヒレコレクション



落ち着きのないわたくしなので、ばっちりヒレを撮るのに時間がかかる。



なかなかいいヒレを持ちかえれない。



先日なぞ、マスクのストラップを何故かぐぅーっと締めて潜ってて、水を出しても出してもマスクに入る。カメラを斜めに構えると、目の位置まで水入ってるやん。ヒレどころか辺りがみえんどー。
| ヒレ コレクション | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヒレあつめ
次の予定こそ 潜れたらいいな
もう、しばらく海 荒れるなーーー!



そして一枚でもシャッターをきり、我がヒレコレクションが増えますように。



興奮を広げた翅を家の壁に飾ってみたい。
フォトブックにして棚に並べてみたい。

ヒレがいきる撮影の技は 正直よく解っていない。やっぱこの場合は黒抜きって撮り方が一番なんかなあ…(-_-; 流行り?のオーバーなんかでもいいのかなあ?おもうようにならないまま、相変わらず気合いとしつこさってヤツで私好みに収集中…。
| ヒレ コレクション | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヒレコレクション


 こりゃなんじゃ。ハート?


 ハートとくれば星かな 女子的に。


 ところでヒレコレクション。


 地味ぃ〜に収集を続けている。まあ魚を撮ればヒレも写りますし。


 ヒレの派手なものやレアな魚のヒレを狙ってはおりません。自分の好みはやはり普通種の〜かな。今回も崎本部で「庭に飛ぶモンシロチョウなヒレ」を一枚収集。

| ヒレ コレクション | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヒレ&卵 コレクション



 FaceBookで写真を出したんで、またかよ…ってな感じです が ヒレコレクション。


 あまりにも寒いんで、前回のダイビングはエントリーして直ぐのトコでチャガラ三昧でした。で、コンデジ(TG-3)で狙ったんですけども、チャの鰭と卵のセットにカッと頭が熱くなりました。常々愛でる「ヒレコレクション」がここで手に入るとは。




 鰭がきらりと撮れているの大好き。


 鰭のみ、生きものの姿を消し造形のみを愛でる。




 今回は折り畳んだしなやかな鰭と、輝く卵付き。生きものの目が金属のように光っている。生きものの姿そのものだ。
 「きらりヒレコレクション」…。

| ヒレ コレクション | 03:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヒレコレクション


 ずーっと前からのことだけど、鰭ばっか集める「ヒレコレクション」やってます。そこだけが好きという、もはや対象をこの場合生きものとして捉えていない造形コレクションでもある。

 狙っても巧くいかないんで、ただもう打ちまくる。


 で、宝石のカットの気分で(笑)うつくしい部分のみをトリミングする。


 好みとしてはいちおう一部でも鮮明であること。


 羽のように思えること。


 宝石のように感じられること。


 といいつつボケても好きだったりするので、単にわたくしの好みであること。

 
 我がヒレコレクション。


(今回の沖縄旅行、実はコレクション不作であった…)

| ヒレ コレクション | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヒレ コレクション


 つくづく鰭はいいなと、撮った写真を眺め直して楽しんでおります。
 撮った自分の写真がいいなではなく、蝶の羽のような「鰭」が ですよ。


 鳥でも蝶でもトンボでも 魚でも、羽ばたくところはなんと綺麗なことか。


 魚の産卵床で成長し、目玉がきらきらと銀色に輝いている状態の写真を額入れし、子どもらに見せたら「いつもそうだけど、おかんの写真はやっぱり何かわからん」と言われ、「海の写真ってのはね、こういうのをいうんじゃないの?」と、青い海+サンゴ+熱帯魚の図を見せられ、且つ諭されました。


 そうですね。学ぶことにします。


 で、学びつつも好みってのもあたため続けます。だって「趣味」だもの。

 
 鰭が好きです。今まで撮りためた魚たちの鰭を集めて「ヒレコレクション」のフォトブックを作ろうと思います。ええ、だからこれは趣味だもの。他人に価値があろうがなかろうが、キレイだと思うものを頭いっぱいに眺め、手にとり堪能するヨロコビ。コレクターは同じようなものでも、いくつもいくつも集めて満たされるいきものなんですよ。そのコレクターの幸福を堪能しようかな と。

 うひひ。

| ヒレ コレクション | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ