とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
とある 湾で


 辺野古の近くで潜りたいと思っているのではないんですが、カサノリを撮りたいので海況的に海中道路に潜れないとか、レッドとの組み合わせ的に?辺野古の近くに行ったりしてます。てか、ガイドさんのお陰なんですけどね。

 そんなとこ、一人で行って潜れる筈もない。

 で、カサノリ。海中道路で撮った時は、もうチョット傘が鮮明だったように思うので、この「湾」は海水に微粒子が多い?と考えたりしたのですが良く解りません。こういう状態はいわゆる「遠浅の湾ならではの事」なのかな。

 カサノリは単細胞の生物らしいのですが、見るからに白い茎部分、傘部分、更に傘の上の綿毛部分、茎にもなにやらパーツがあって「単」と言われても うーむ。バロニア等の球状の藻は単細胞と言われると、なるほどと納得もしますが、単細胞ってなんでしょう。


 カサノリの傘には次へ遺伝子を詰め込んだ(多分)胞子が詰め込まれていました。このビーズのような胞子が傘に並んだ様子を私はとても撮りたいんです。なのに、逃げ去らないカサノリをキレイに撮るのは簡単なのに簡単ではなくて、こうして何度となく足を運んでしまうのです。


 理由のひとつに傘の上を覆う綿毛状のもの。


 一見解りませんが、これが結構なもので、傘を厚く覆っていたりする。湾に微粒子が溶け込んでいたら、この綿毛は刷毛で含んだようになり、肝心の傘は霞んでしまいます。


 単に私は傘の胞子を鮮明に撮りたのですが、海中道路のカサノリを撮った時と比べると、海中の懸濁物が多い気がするなあと写真を眺めなおして感じます。


 ちなみに潜ったここ、特にダイバーをそそる生きものはいないようですが


 オイランハゼは結構います。
 ハゼを引っ込ませるのが得意の私は、むっちゃ出てたらしいオイランの頭しか撮っていませんけどね。

| カサノリ | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
白い傘




 もとを辿れば山口の須佐の小さな湾に、ぽつんと揺れる小さなホソエガサに惹かれたことに始まるのです。素朴で愛らしい海藻だと、わたくしは感じているのですがキレイな海にくらす生きものであると知ると妖精に出逢ったように感じてしまうんですわ。


 で、カサノリは、奄美諸島〜沖縄県の八重山諸島にかけてみられる日本固有種らしい。こんなにどっさり海中道路のビーチに揺れているのに不思議なことだと思う。




 カサノリの胞子だけど、緑色が固まるように粒々となり、次第に傘から放出される。粒の密度が低いものが写真の上でよくみつかる。


 粒がすっかり出た後は、蝉の抜け殻のように空き殻化している。殻が白いのは石灰質のためだ。ダイビングを始める前は、海藻はワカメや昆布等軟らかなイメージだった。しかし、海藻は結構石灰質なものがある。この石灰質はそのうち粒子となって砂の類に静かに仲間入りしてゆくのだろう。


 砂はなんて多くの生きものたちの遺骸なのだと思う。

| カサノリ | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
カサノリの胞子


 人魚のワイングラスってな愛称?がある「カサノリ」。旬は3月。こういうところはやはり「海藻」ですな。で、海中道路再訪… で、吐気再来 (-_-)


 なんでここに入ると吐気がするんだろうか。


 カサノリ。このドーム型の部分は生殖器だそうな。Webでカサノリを調べていると、単細胞の実験で使われる生物のようなんでカサノリのことはそういう方面でかなり知られているのだろうと思う。

 が、自分はよく知らないし、ワイングラスといわれる緑の傘部分が胞子に変わった状態も是非観てみたいと思っていた。


 通常絵具で塗りつぶしたような緑が、3月を迎えて おやおや粒々。

 ほほー ほほほー


 こうなって放出されるんだ。状態が変化するって生きているんだねえ。

 ほほー ほほほー 花火のようだ。

 魚を一匹も観ないダイビング。所々足が届くような超浅場。沖縄の観光としても有名な海中道路の空はおもいっきり曇天で風は強く吹き付けていた。吐気はするけど超満足なわたくしが今よろよろとタンクを背負っている。たのしい…よかったここに来てと思った。趣味というものは他人には解り難い部分があると おもいますー。

| カサノリ | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
3月のカサノリ
 



 沖縄の海中道路にて、カサノリの胞子を確認できました。もう、ただ嬉しい。自分が「たのしいな」と思うことを楽しめない気分がここんとこ続いていたので、素直に「やったー♪」と思えるって大切だって思いました。


 今から仮眠して深夜勤務に入ります。夜勤が明けたらあの「青海島フォトコンテスト」で入賞した写真のプリントもキタムラに頼むことにします。


 自分の好きなものや、こういう遊びを堪能できていることは幸せなんだって自覚してないと。と、これは自分に言い聞かしているんですよ。さて、これからももっと遊んじゃおうっと!

| カサノリ | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ