とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
生きものの 行動に惹かれて
心から「きになって」いたので「トンガリハゼのその後」を知らせて頂き今日は安心して眠れます。



ちいさな生きものの能力を知る度に、私はどれだけ胸が躍ったことでしょう。そういう事を繰り返し、今までタンクを担いできました。素人としてその数は多いような少ないような。いや、興味溢れる中で絶対に少ない。観たい、知りたい、自分の目に映したい生きものの姿は溢れんばかりです。本当に、私はあとどのくらい潜る事ができるかな。

トンガリ君は想像よりも豊かな行動をしてくれるみたいです。
ちいさな生きものの生きる姿を知ると、生きものにつまらないものなんて無いと実感したりもします。
以前、西表で面白いことをガイドさんから教えてもらいました。その中で今 思い出したくて思い出せない とても知りたいことがあります。



こうして小さなハゼの行動に魅了されると、貴重な話をたくさん聞き洩らしていることに気が付きます。注意散漫で忘れっぽく、勘違いの多い自分が歯がゆい。しかし、今からでもいくらでも再確認できると思えばまた、広がる大きな海に心が弾む気持ちです。ともあれ、トンガリ報告ありがとうございます。
| ハゼ | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
みどりのきせつ

P4201025.jpg

春はさぞ雅だったことでしょう。
尺玉のような枝垂桜は、既に初夏のかおり。

P4200966.jpg

地面を彩る花びらは 遅い春を彩った八重咲のものかな。
いちにち毎に季節がすすんでいる。

P4201037.jpg

すすむのだけど、草木は花の姿だけが命でもないので 植物の様を味わう旅だったな。あまりにも瑞々しい緑は目玉にもココロにも大変やさしい。

P4190780.jpg

おまけに京都の庭ってのは、えらい手入れがされ尽くしてあるので絵よりも絵。写真よりも写真。写真広告で見るよりも、実際に見た方が美的でござる。

P4201042.jpg

植物の良さを改めて感じるな。
京都でなくても、今は雨が降るたびに緑が濃く重なる季節。実際、うちの庭の紅葉も(そこだけピンポイントで眺めると)なかなかいい新緑です。

明日は一日雨らしいので、緑たちは喜ぶことだと思います〜。

| | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
京都〜滋賀


連日 まれにみる好天気



十円玉ー 十円玉ー@平等院



あっちもこっちも 藤ー藤ー



ちくちく りんりん 人力車。
おお、絵になるわとスマホ構える、が、近づいたら見事なオヤジだった。
ステキだわ。なんだかこれが 少し早い私のGW。



夜に伏見稲荷。はっきりいって恐怖でしかない。
鳥居の奥にあるのは多分この世ではないところ。



琵琶湖まで足をのばす。
へー 波打ち際が不思議。湖って ほんとうに潮の香りがないんだ。



京都のお好み焼きは美味しゅうござるが 、ぬらぬら光るオタフクソースお好み焼きに慣れた私にとって ベツモノだった(u_u)。なんだかでかい明石焼き。これってたまたまこのお店がそうなの??

| | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
深緑とハゼ


娘ちゃんと京都に来てます。



連休なので、地元山口 青海島で連休を過ごそうかなと思ってもいたのですが



話すことも多い親子旅っす



深緑の中



写経をしたり



何より気になって頭から離れない あの「ハゼ」についてのメールを受け取ったり。

そんな京都の時間を過ごしてますよ。
(見てくれてるかしらんが 追跡調査と連絡ありがと)
| | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
かゆいかゆい
P4030706.jpg

祝600の節目のチビダンゴ。 過去、チビダンゴを楽しんだことはあるけれど、揺れがあったり好きじゃない「ちょっと遠く」であったりと、じぃ〜っと眺め撮影することは無かった気がする。この度は二個体も三個体も一緒にいて可愛さ倍増だったしホントに良かった。

IMG_5037.jpg

で、ゆっくり眺めると愛らしいチビダンゴの周囲は

IMG_4992.jpg

すこし 痒さを感じる。

IMG_4989.jpg

写真で見直すと、海藻の表面に寝袋というか ちくわというかキリタンポというか…身を隠せる筒状の巣(?)をつくり手足を出して動かしておる。

すごい これは視覚的に痒いぞ。



動画でこの痒さを誰かと共有したいキブン。



わあ 痒い痒い。 痒くて二度見したくなると思いますー。
| | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
何本まで 潜ることができるかな
IMG_5055-001.jpg

最近、潜水前の書類にあるダイビング本数の欄はテキトーに「600本」と書いていたのですが、ちゃんと数えてメモしている(ログってやつか?)を整理してたら前々回のダイビングがホントの600本でした(多いんか少ないんかわからんけどよ)。

祝 600本。

IMG_4978-001.jpg

地味ながらダンゴウオ独り占めでしたわ。
言うなれば あの日青海島にはわたくしとガイドさんしかおらず

地味の極みの祝600。

IMG_4995.jpg

ダンゴ三昧だったので、ダンゴウオも我がヒレコレクションに追加しようかなー

と、思ったけど 貧相すぎて却下。
いやいやアイドルを貧相だなんて。 地味なのはわたくしのことです。



これからも地味の至りを極めつつ 生きものを愛する炎を胸に目にめらめらめらと燃やして潜るつもり。我が人生の限られた時間の上に、長く好い瞬間を刻むことを祈りつつ。
| | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ハゼ繋がりで(-_-)


一週間もあけずにまた青海島。
ただし、時化のお陰で?紫津浦ま〜ったりダイブです。



もう これは冬から先の定番中の定番、チャガラの求愛図。 …なんだけど、4月でも求愛してるんだなあ。



しかも、三匹 既に老成魚の色合いになってるのに戦ってるし。



戦いの図はこんなん。

ハゼを一括りにするつもりないけど、繁殖期間って長いかな。何を目安に「長い」って言ってるのか自分でもわかんないけど。なんというか、あれほど愛でたチャガラちゃんを観つつも その姿に先月沖縄本島で観たトンガリハゼの姿が重なる。トンガリちゃん、今頃求愛したり、若しかして放射線状の溝をホリホリしてるのかなあ。君のところには一週間あけず行くような事はできん。歯ぎしりしながら今度行くときまで求愛していて欲しいと願うばかり。青海島のチャガラのように、長ぁ〜いこと燃えていなさいよ。そして砂を360°放射状にホリホリする姿をいつの日かワタシに絶対見せるのだ。



…と、山口の地にいて胸のの炎が揺らぎますー。
| ハゼ | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ひとみ


キアンコウの幼魚
とくればカメラ握りしめた(私のような)ダイバーにとって恰好に被写体。



卵塊がスズメダイ達が「狂ったように」貪る姿を観たこともある。 命の塊に目を奪われるし、それを自分の命にかえる生きものの命の欲も胸を突く。



命の塊が先日の青海島の海の底にもあった。
卵塊に透ける稚魚の銀の目と 目が合ったように思う。

君は大きくなれるかな。
| | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
天使ダンゴのもぐもぐ
IMG_4985.jpg

陽気に誘われ 地元の海へ。 青海島の水温は14〜15°。
しかしきちんと8mmゴムスーツを着ていればポカポカなもの。

船越に寄せる波もやわらかく、左の瀬でダンゴウオ三昧でした。

IMG_4978.jpg

兄弟なのかな ワカメちゃんの上に二匹。 と、おもいきや 実際はこの時三匹。

IMG_4979.jpg

三匹が並ぶこれぞ団子姿はなかったので二人さんのみの図。ん〜無念かもっ。
しかも、こういうダンゴちゃんがあちこちで。

IMG_5065.jpg

さらにさらに!ウミノミを食べるダンゴウオ発見。

ダンゴウオって肉食なんですね。
肉眼でも、なんか食べたなって姿を見たけど ちゃんと写っててよかった。
ダンゴウオ周辺にはワレカラみたいなヤツがよくいて、撮ると一緒に写っているなあなんて思っていたけど、ウミノミなんて食べてるんだわ〜。
| | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヘビギンポたち


トンガリ君からハナシは離れ、ヘビギンポ。 山口では全く珍しくもないTheヘビギンポ、『日本の海水魚』で「北海道南部〜九州南部の日本各地」とあるヤツ。沖縄本島にも立派におりました。こんな所で見慣れた婚姻色のヘビ雄に逢うと、なんだか遠い地で同級生に逢う気分。



テングヘビギンポ。



ヘンな顔ー



でも、正面から撮るとちっとも天狗じゃない可愛さ。



で、クサギンポ。 そう、話しは最初のクサギンポに戻るけど テトラで逢った繁殖行動(産卵と放精)中のクサギンポは 私の知るヘビギンポの繁殖行動と全く同じで、産卵中の雌の周りを雄がくるくる周っていました。先日書いた「たまごが うまれる」の記事のように…です。



数日後、タイドプールで観た別の個体のクサギンポの繁殖行動(求愛)はこんなん。 雄はしきりにジャンプです。

クサギンポは山口にはおらず良く知らないヤツなので、テトラのとタイドプールのは似た別種なのかとおもっちゃった。でも同じクサギンポなんだって。繁殖行動の感じが違うじゃん?って思ったけど、今思えばピョンピョンジャンプして雄が雌を誘った後、雌の周囲をクルクル泳いで産卵+放精っていう流れなのかな〜?

… って よく知らないんだけどさ(^_^;ゞ
| ヘビギンポ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ