とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
あれっ 入ってもいいの?
面白いものをみた。



チャガラが求愛し



無事ペアとなると



静かに下降し 産卵する空き殻などに入り込む



激しい求愛の末なので、産卵床に入る時も燕の如くキレキレな動きで移動するのかと思いきや そうでもなく、じわーっと静かに入っていく。

おお、ここで卵を産むんだな。でもここでは奥まってて見えないや。



なんて思っていたら、後からもう一匹のチャガラがやってきて、たった今 ペアが入った穴をじろじろ覗いている。覗き見なんてするんだ〜 と、私も眺めていたら

なんと!後から来たチャガラも穴に入っちゃった。
後から来たチャガラがペアの穴に入るとは思っていなかったので、慌ててピンボケの写真しか撮れていない。でも、これは三匹目のチャガラの背中です。きっとこいつは直ぐに威嚇されて出てきちゃうのだろうと楽しみに待ってみました。ところがです


…出て きませんでしたっ!(≧ω≦)


チャガラが3匹で求愛や闘争をしていることは多々あるんだけど、え〜産卵床に三匹が入ったりするものなのかなあ?
でも今わたし自分の目でみたし!動画でも撮ってりゃよかったなあ@あとの祭。

なんかわかんないけど面白い。



ところで求愛の時の顎をへし折る仕草



後ろからだと、時にこう。
ああ、これも、もっと顎を折った状態で後ろから撮りた〜い@あとの祭。
| チャガラ | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
は〜との中@チャガラ


今や定番 チャガラの求愛。
いつも中層で群れてぱくぱくご飯を食べているやつらが、あっちでもこっちでも求愛まつり。ペアを見つけてちょっと待てば惜しげもなく鰭を広げ始めてくれる。または待たなくても、ふと振り向くとそこでも ここでも あっちでも。



我がヒレコレクションに追加も、どれでもいけそうな感じ。



面白いのは、求愛をじっと見ていると誘いが成立し 二人で静かに降下し岩陰に消えていく。岩陰の二枚貝の空き殻に入り込み天井に産卵行動を開始する…のだと思う これはあまりに奥まって見えない)。
見えないけれど、少し開いた空き殻の場合、暗いなりに動きが見える事がある。

二匹は殻の中で何度も交互になっている。
卵を産んだりしているのだろうか。顔と尾が互い違いになっているのが少し見える。



以前、この状態から並んでこっちを見る姿勢となったのがあまりにも可愛らしかったのを思い出し、「並べ並べ」と念じていたら並んでくれました。



チャガラとしては、求愛も産卵も一生懸命なのだろうし 可愛く並んでいるつもりなんて絶対ないだろうけれど可愛い。



殻の縁に並んで外の様子を伺う姿勢は、何度かやってくれたので また観る事が出来るかな。
美しい求愛の後、産卵床で二人並んでいるってのはカメラ女子なんかに ちょっとウケるかも。
産卵を決めた殻の入り口も、微妙〜に は〜とです(^_^)v
| チャガラ | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
チャガラ


水温12℃ チャガラ三昧の二日間。
チャガラについては、わたくし的に思いのある生きものではあります。

感慨深いものもあるな。

でも、そのチャガラちゃんは わたくしの事は全く知りもせず、一年の命を生きておられる。
命を繋ぐ相手を秋がら誘い、何度も空き殻で交差している。
見えないけれど、今 卵を産んだりしてるんだろう。



チャガラは殻の中でくるくる動いている様子を揺れる尾びれで想像する。
そして時々二匹が揃ってこちらを眺める。
命を残している真剣な瞳。

君らにストロボを光らせるのも申し訳ないけれど、撮らせて貰いました。
君らの代々の そのまた代々もその前も ここで同じ瞳をしていたよ。
| チャガラ・キヌバリ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
海の中は ちゃんと春
凍てつくまいにち。
しかし、海に入れば海藻の芽吹きや柔らかさに春の匂いが。



チャガラもイイ感じ。
しっかし、すっごく眠たいのでとりあえず今日は寝る。

だって明日も潜るんだもーん。
| チャガラ | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
みんな生きてる


気温が低いと、積もった雪はこんなにもサラサラしているんだ、なるほどこれが粉雪なんだ。と舞い上がる様を眺める氷点下の朝。寒くても頭はいつもどこかで「潜ること」を考えているワケで、次のダイビングは大丈夫かなあとそればかり。
大丈夫でも間違いなく寒いだろうなあ。



そんな中、先日名護市長選がありましたね。
私は沖縄のヒトではないわたしは無責任に言えませんが、ただ海の中だけに限ってはつくづく惜しいとおもう。
多くの生きものの暮らしと命を或る日突然壊していくのだわ。
しかし、そういう視点なら他のインフラ整備なら良いのかって話ですが。

辺野古問題は少々特別な話になるのだけど、海の中という切り口だけにすれば同じ事を今までもこれからも全国各地でやってる訳で、自分もその中で暮らしている。

だから、きれいごとを語るつもりも無いんですけど溜息は出ます。
悪い想像を這わせつつ、ならばいつも潜って遊んでいる海は完全に自然か となるとそこも微妙で、人の暮らしが本来の海の姿を変えた中で新たな自然できている。

しかし、でもやはり無念。



面白くない話ばっかじゃナンなので、ブダイが齧ったハマサンゴ。
昨年末、その大浦湾で撮ったものなんだけど 他のハマサンゴはそうでもないのに、このハマサンゴばっかりきちんと等間隔で齧っていてデザインの様になっていた。「ポリプを齧る」のかもだけどこの差は何?凄くおいしい藻とかもついていたりして選んでいるのかな(ああ、また妄想〜)。
| 珊瑚 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
さむいです


他県で暮らす娘のところに出掛けてました。



何も出来なかったチビが、ここで働き生活してるんだわ。外から漏れる車の音も、私の知らない時間を過ごす子どもの暮らしを知らされるようで しみじみしてしまう。



まいにちまいにち凍てつく中、今回はインフルエンザになったっていうから心配したけど、既にすっかり元気になっていて母は完全に不要のようす。



育つってサミシイ。
育たたないと絶対困るけど。
| 日常 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
チャガラ


お馴染みのチャガラ。
繁殖活動はまだかなー と思ったら始まってました。



私が観察したのは10日前なので、今頃更に活発になっているかも。



このハゼの幼魚が春から夏、モクの間に間にわっと湧く群れを眺めるのが好きです。
一年の命らしいので、冬に熱い繁殖活動をし卵を保護した親はもうどこにもいないのでしょう。かわりに子たちの群れが膨らんでいる。幼魚の体色はなんだか赤味が強く、ちょっと大きくなると頭辺りの黄色が目に付く…ように私は思えます。



だから何ってこともないのですが、命の当たり前を見るようで。



産まれてくる
育ち 繁殖活動がある
命が終わる という生きものの健康。



健康ってこういう風に使って正しいのかな?
身体でなく活動、状態を例えたいのです。
健全な一生とでもいうのでしょうか。
| チャガラ | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
その斑て どの班
「日本のハゼ」(平凡社)や「日本の海水魚」(山と渓谷社)などは、かなり多くのダイバーが愛読していると思うのですが、正直 説明が呑み込めていない事が多々…。生物の特徴を示す言葉が解っていないのかも。

今更ですが。



例えばハナグロイソハゼ。
胸鰭基部。それはどこね?
胸鰭基部に長楕円形の白色班がある。



それは若しかしてこれで…これでいいのか?
しかし、尾に目をやると褐色班は3個あるように見えるのだが…。
私は説明されている部分と違う場所を見ているのだろうか(ありえる)。



でよ、キンホシイソハゼの胸鰭基部には小白斑がある とは?



若しかしてこれ?
で、尾を見ると3個の褐色班…というか もはや班とは言い難いような…。

アカホシくらい違っていたら、お前はアカホシね♪ってスッキリするけど。腹側の白斑は上下に分離することがあるとかそういう説明はどこを示すのか、もうホントにこれだよと矢印を引いて欲しいサル頭のわたし。
| ハゼ | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
羽虫のように ちいさなハゼ
キンホシイソハゼとハナグロイソハゼの見極め方は、以前より私にはなかなか困難。
「日本のハゼ」(平凡社)の図鑑で区別の仕方が出ていても、じゃあ自分の撮ったイソハゼで見極めようとすると、特徴が曖昧だったり、全体にピントが合ってない写真だったり、どうみても両方の特徴があるような気がしたりで混乱します。

まあ、素人の私には イソハゼはイソハゼでいいんですけど。

と、いいつつやっぱり撮った写真をまじまじと眺める。
今回はイソちゃんは非常に少なかったので、区別の練習として過去写真を眺めなおす。



多分キンホシ(雄)



これもキンホシ(雄)



これは多分ハナグロ(雌)



これもハナグロ(雌)多分… 多分としかやっぱり解らない。



それにこれはなんじゃ?何かのハゼの幼魚?
過去写真になると撮った時の記憶も曖昧で、しかも撮って家でPCで確認するまで全体像が解らないことも多く、そもそも普段の記憶も注意力も散漫なわたくしは、イソハゼに対する眼力もチカラも 未だこの程度って感じ〜。
| ハゼ | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
何を観てきたのかしら


ホシノハゼもクツワハゼも、あれほどいるのに婚姻色を観たことがないんです。
色彩変化がどうだこうだと拘っているのに、こういうヤツの比較写真を持っていない。

まずは平常時の全身をとっておかねば。

ネットで検索してみると、繁殖期は夏?かな。
婚姻色を出しヒレを全開にしている姿は なかなか綺麗。
いいなあ。夏に紫津浦に入らないから知らないでいるのかなあ?



今回イソハゼはとても少なかった。
この繁殖期はいつなんだろう?あれほどいるんだから、無茶苦茶観察出来そうなのに、随分前に興奮している姿を撮ったのは11月上旬の一度きり…。謎だわ〜。



紫津浦にイソハゼは一種じゃない。
恐らくこれはアカホシイソハゼ(チガウかもだけど)。



これはハナグロかなあと思ったけど、やっぱりキンホシの雌?数も少なく今回は不作 且つ、いても全身が撮れていない写真じゃそもそも駄目ね。図鑑写真より絵的な写真が好い時もあるけど、家で図鑑を眺めながらあれこれ妄想する時は、とりあえず図鑑的写真をしっかり押さえていなくちゃ話にならんわ〜。
| ハゼ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ