とおくへ ゆきたい
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
古代のサンゴ?


沖縄タイムスの記事にある「古代のサンゴ」の意味が正直呑み込めなかったのですが、読まれた方で同じ思いをしたヒトもいるかも。



「大浦湾の生きものたち」という本によれば、
アオサンゴは「遺伝的に単一、つまり、たった1つのポリプからここまで成長したことがわかっています。」(すっかり引用)。



遺伝的に一つのものであるということ故に、新聞記事にある「古代からの遺伝子型をずっと保持している可能性があり、保全する学術的、生態学的意義は大きい」の一文に意味が繋がるのだと思う。

潜らせて貰ったのは湾中央部にあたる中干瀬って辺り。
もう、自分には二度と無いかもしれないので、潜った二本ともしっかり景観を動画を撮っておけばよかったと家に戻って少し悔やみました。





一本目のアオサンゴエリアでは動画は撮っておらず、二本目のパラオハマサンゴエリアでは少しだけ様子が解る動画を撮っています。一面珊瑚なので着底できず折らないよう珊瑚から離れて撮りアングルが今一つ…ですが、珊瑚という生物に覆いつくされた海底は見事なものでした。加工編集せず、もう撮ったままの短い動画をいくつかをYouTubeにあげてます。似たような動画ですが興味のある方は辿って観てください。



ちなみに調査出発は朝早く集合



終わりは当然お昼頃。ゴーヤのお弁当が美味しかったです。
| 珊瑚 | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
海の中を観るということ


潜ってみたい大浦湾でしたが、ホントに潜れるとは思ってもなかったことです。
調査については新聞記事になっているのでそれを読まれた方が解り易いのでご紹介。

iPhoneImage.png

沖縄タイムス記事 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00180639-okinawat-oki

琉球新報記事 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-626278.html

6日に同行させて貰い、7日にはコンビニでしっかり新聞を購入。
琉球新報にはアオサンゴのカットが載り、ダイバーは写ってないのですが、沖縄タイムスにはアオサンゴとともに ぎょぎょぎょ わたくしが載ってる(^_^;ゞ

まさかの大浦湾潜水
まさかの沖縄タイムス
これはこれは…で、今回の沖縄土産としました。いちおう…



大浦湾については辺野古臨む湾という視点で当然興味があったのですが、今年の珊瑚の産卵を縁に 大浦湾で潜られているダイバーさんから「大浦湾の生きものたち」という辺野古の海図鑑を頂いていました。

正直、知らない海の姿を写真の状態で海をみても いまひとつピンとこないものです。

しかし、一度でも自分のカラダで潜り自分の目で観て本のページをめくると体感的に納得できるような気がする。くどいけど基地の問題については私にはなんとも言えないので書きません。

ただ、海の中を観たことについて、知るということはこういう事なんだろうなと思いました。
| 沖縄 | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
辺野古臨む湾で
辺野古が臨む大浦湾で、リーフチェックが行われており、一緒に海に入らせて貰えるとの事で潜ってきました。



皆さんがせっせと生物調査している中、私は前より覗いてみたかった湾内をジロジロ。



大浦湾のうち今日のポイントは中央辺り2ポイント。珊瑚が想像以上に豊か。こんな海を埋め立てるのか、基地反対のハナシではなくても自分の目で見てしまうと実に惜しい。しかし基地でなくても世の中は日本各地の好い海を埋め立ててきたのだわ。その便利さの上に暮らしながら言うのも申し訳ないが、生物らが織り成す景観を目の前に想像するとゾ〜ッっとする。



この目の前の景色の近い将来も自然と思いを馳せてしまう。これらは間違いなくなくなるか 変わってしまうのだろう。



ああしかし、基地のネタではないのだが 想像以上に好い海で勿体無い。
| 沖縄 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
じかんよ とまれ
iPhoneImage.png

こんなにも月日は足早だっただろうか 子どもの頃の一日はあんなに時間がたくさんあったのに。夜なんて随分長い時を経なければ朝なんて来なかった。あれは一体何だったのだろう。

気が付けばもうすぐ誕生日でござる。
また一つ 年をとるよ。ゲッソリ。

明かに体力が落ち、体重が増えたのでジムに入会した。
なんでも始めなくちゃ何も手に入らない。浮く脂肪を脱ぎ捨てて筋力をつけ、重たいダイビング器材を背負い、一眼を持って海で構えなくちゃ何も撮れない。
がんばるぞ わたし。
但し、まだ一切体重は落ちておりません…。

また、沖縄行の支度をしています。
しょっちゅう沖縄に行っている様だけど、自分はいつも支度をしながら「いつまでこんなことが出来るのだろうか」と思いながら荷物を詰めている。
いつまでも変わらず、いつまでも出来ることなんてこの世に一つもないのだと思う。

ともあれ どのカメラを連れて行くか思案中。
比較的軽いkissか、重量のある5Dにするべきか未だ悩む〜。
結構真剣な悩みなんだけど幸せな悩みなんだろうな。落ちている体力とカメラを持って遊びたいココロの問答は恐らく出発するまで終わらないような気もする。

iPhoneImage.png

(写真は庭・携帯撮影。毎年紅葉がキレイなんだけど 美も束の間なのよね〜)
| 日常 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
カイロちゃん


一日の仕事を終えると、たちまち辺りが暗くなる季節になりました。
ああ、寒い。夏が遠いことのようだわ。



早々に車のタイヤを冬仕立てにし、居間にストーブを出しました。

ストーブの上にはアルミに包んだ芋ですね。
焼けると 冷たい手も温まる アツアツ芋カイロ。



そういえば前回潜った時、昔から知ってるタイバーの方から海で使うカイロを頂きました。ビニールに液体が入っているもので、煮て使うんだそうです。仕組みとしては解り易い。早く使いたいわあ。しかし…今気が付いたんだが、煮るのは自宅でやるんだけども、車を転がし長門に着き、青海島の海の中に持っていくまで冷めないんだろうか?



魔法的に温度が保たれるのかなあっ??
| 日常 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
つぎの改造


シミはとれた。
しかし、器材をオーバーホールに出しちゃった。



それよりも、重たいカメラが扱えなかった前回の悲しさ。
この寒波と同じく切ないキモチ。

腕力はあるつもりだったのになあ。



ってことで、今度はジムにいくことにした。
へっへっへ これも海でカメラを構えるためでござる。

(なんちゃって ただの健康管理ダケド〜)
| 日常 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
まだ オンナ


潜っても腹の足しにはならんのですが、ココロにポカンと穴が空いたようなキモチ。

カラです カラ。



カラカラと、ダイバー的には潜れておらず面白くないのですが、オンナ的には陽に焦げるダイバーの勲章(でもないが)シミってやつを治療しております。
おほほのほ。



あと少しでペロっとシミが剥がれる予定なので、剥がれたらまた遊べる。
若くもないのに何やってんだって感じですが、口紅を塗ってる間はまだオンナ。

シミ取りは冬が好機でござる。
| 日常 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
むかしの写真 じろじろ


少し人疲れしていてBlogの更新もヤル気になりませんでした。
昼間、好天気だったのに今は夜の雨。なんとなくキブンに合う感じで良く眠れるかもです。

前回、調子が悪くほとんど海中写真を撮っていません。



しかし、昔の写真を眺めると2005年の青海島のキクメイシ



そして今は無き青海島のニホンアワサンゴ。

今見ると、だから何??な駄写真ですが、この時とってもワクワクしていたし、撮った事で随分充実感があったのを覚えています。
他人が観ていいものじゃなくてもイイ。
わたしはこれが好きだった。
そして今考えてもずっと好きじゃん!それって凄い気がします。

そういう当たり前を振り返ると実に好いわ。
カメラを持って楽しかったことを少し思い出しながら、自分が好きなものを確認したいキブンです。
| 日常 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
いちにちぶん
晴れたヨゾラの秋満月。眠るのが惜しいほど眩しいですね。
冷たく澄んだ空気のせいでしょうか。



昨日、あまりに見事な満月だったので寝る前にカメラを向けました。



今日も暦では「満月」となっているので、同じように撮ってみたワケです。
するとですね、今日は既に満月じゃあありませんよ。
(解り易く、しろっぽい月が昨日。黄色っぽいのが今日)
一日という時間を、月が刻んでいるなんて当たり前なんだろうけど

ほんとだわ!

いちにち時が進んだのね。



どいういう事かっていうと、昨日の辺縁はこれ



今日はこれ。
これがいちにち。
当たり前だけど楽しいオドロキであった小さなこと。
| 日常 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
重たい季節 到来


水温21℃ 今シーズン初の8mm着用。

秋から初夏までこの格好なので当たり前なのですが、どんどん体力を失っている為か もう苦しくて苦しくてヨロヨロ泳いで行くだけで精一杯。大袈裟みたいだけど、ホントに息するのもしんどかった。

ってことで一本目 撮影ほぼゼロ。



二本目はTGだけで潜りました。



いくら何でもこんなじゃ弱り過ぎなのではなかろうか。

元気だけが取り柄なのに、冬のウエイトに負けるようじゃ浅場の生物と遊べないじゃん。私よりも年上の女性ダイバーって世の中にいっぱいいるのになあ。
なんだか今、怪しい健康食品に手を染めそうなキモチ〜。
| | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ